MENU
ご予約

お電話

コラム

Column

目の下のクマはどうしてできるの?原因別の3つのクマにおすすめの対策!

目の下のクマはどうしてできるの?原因別の3つのクマにおすすめの対策!

 

目の下にクマができると、それだけで何だか疲れた印象になり、老けて見られることもあります。クマには原因ごとに種類があり、それぞれに適した対策が異なります。目の下にあるクマでお悩みの方は、原因別の対策を知ってスッキリした目元を取り戻しましょう!

 

目の下にクマができる原因とクマの種類

目の下のクマは原因によって「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と、3つの種類に分けられます。それぞれのクマができる原因とともに特徴を知り、自分のクマがどのタイプか見てみましょう。

 

「青クマ」の原因は血行不良

青クマは、寝不足や生活習慣の乱れ、目の疲れなどによって血行不良を起こしていると現れます。目の周囲には毛細血管が多く、さらに目の周りの皮膚はとても薄いため、血行の滞った血管が青く透けて見えるのです。

 

食生活の乱れやストレス、加齢などは血液の流れを悪くするため、青クマができる原因になります。また、皮膚は年齢とともに厚みが減っていくため、年々青クマができやすくなります。生まれつき肌が白いことも青クマができる原因のひとつです。

 

「茶クマ」の原因は色素沈着

茶クマは、摩擦や紫外線など、肌がダメージを受けて大量に作られたメラニン色素が沈着した状態です。ターンオーバーが正常なサイクルで行われていれば色素は自然と剥がれ落ちていきますが、ストレスや生活習慣の乱れなどでターンオーバーがうまく行われないと茶クマになります。

 

乾燥や花粉症などで目の周りをゴシゴシかいてしまう人や、血行を良くしようとマッサージをやりすぎてしまう人は茶クマができやすいため注意しましょう。

 

「黒クマ」の原因は皮膚のたるみ

黒クマは、加齢による目元の皮膚のたるみが影になって見えているものです。目元がくぼんだり、目の周りのたるみが目立つようになったりすると、目の下に影ができてクマのように見えてしまいます。

 

涙袋が大きい方や目鼻立ちがしっかりしている方は、肌のハリがなくなってくると目の下にたるみができやすく、黒クマになる傾向にあります。

 

クマの種類別におすすめの対策を紹介

青クマ・茶クマ・黒クマ、それぞれの原因に合わせて、自分でできるおすすめのクマ対策を紹介します。

 

青クマを消すなら「血行改善」

青クマへの手軽な対策としては、目元を温かい蒸しタオルで温めたり、目の周りをやさしくマッサージしたりと、血行を改善させるケアが効果的です。

 

また、運動する習慣や規則正しい生活リズム、ストレス発散など、身体全体の血行を良くするアプローチによって、目の下に青クマができにくい状態にできます。

 

ほかにも身体を冷やさないように、温かい飲み物や身体を温める食材をとるなど、全身の血管を広げて血液の流れをサポートしましょう。

 

茶クマを消すなら「美白ケア」

茶クマには、シミと同じように美白ケアをすると目立たなくできます。色素沈着を起こさないためには、メイクやクレンジングで目元をこすらないことも大切です。

 

肌のターンオーバーを促す角質ケアは、皮膚の薄い目元には逆効果です。ていねいに保湿をして肌のターンオーバーを整えながら肌の炎症を抑えます。また、メラニンを作る紫外線を浴びないように、UV対策も徹底しましょう。

 

黒クマを消すなら「たるみ予防」

黒クマができるのは、目の周りの筋肉が緩んでいる証拠です。目やまぶたなどのエクササイズで筋力を維持する方法もありますが、自分でケアするのは難しいでしょう。

 

肌のハリをキープするためには保湿が欠かせませんが、エイジングケアも同時に行っていくと、たるみのスピードを遅らせることができます。ただし、もうすでに目元がたるんで影ができてしまっている場合には、美容皮膚科による治療が有効です。

 

コンシーラなどメイクで簡単にクマを隠す方法

すぐにクマを消したいときに役に立つのがメイクです。うまくアイテムを使いこなせれば、簡単にクマを隠すことができます。

 

青クマにはオレンジ系コンシーラ

目の下の青クマにはオレンジ系のコンシーラを選ぶと相性がいいでしょう。厚塗りすると悪目立ちするため、自然な仕上がりを意識してぼかします。

 

目の下を数mm開けたところにコンシーラをのせて指でぼかしていきますが、ぼかしすぎると肌の青色が隠せなくなるため、肌になじませるように少しずつぼかしていきます。

 

頬のハイライト

目の下から頬全体にかけて逆三角形にハイライトを入れると、光を集めてパッと明るい印象に変えてくれます。クマのせいで疲れ顔になっている方におすすめです。

 

クマの原因に合わせた銀座肌クリニックのクマ治療

クマの悩みを根本的に解決したいなら、美容皮膚科の施術が効果的です。銀座肌クリニックでは、痛みやダウンタイムのない治療でクマを改善させます。

 

青クマと茶クマにおすすめのジェネシス

ジェネシスは血行を促進させるとともに、ターンオーバーも促すレーザー治療です。血行不良が原因の青クマと、色素沈着が原因の茶クマを同時に解消します。また、目元のハリや小じわ、くすみの改善も期待できます。1回だけの施術よりも、3~4週間間隔で5~6回施術を受けることで、しっかり効果が感じられるでしょう。

 

青クマのおすすめのライトアイズウルトラ

ライトアイズウルトラは、血行を促して筋肉のコリをほぐす成分を目元に注入する施術です。青クマの原因である目元の血行不良に直接アプローチしてくれます。青クマが消えるだけでなく、肌にハリや弾力が出て小じわ改善にも有効です。2週間おきに3回程度の治療を受けることで、若々しく健康的な目元を実感できます。

 

黒クマにおすすめのリジュラン

リジュランは肌細胞に働きかけて若返りを目指す治療で、黒クマの原因になっている目の下のたるみやくぼみを解消します。肌の成長因子を増加させ、内側から自然なハリが出てふっくらした目元に仕上がります。年齢に対する根本的なケアで、効果が長く続くのが特徴です。1回でも効果がありますが、3週間間隔で3~4回受けるとより高い効果を得られます。

 

黒クマにおすすめのヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、影を作っている目元のくぼみを埋めるように注入していくため、黒クマを即効で目立たなくできます。銀座肌クリニックでは、症状やお顔の状態に合わせて、さまざまな種類のヒアルロン酸を使い分けています。自然な仕上がりから理想的な目元まで、自由に演出することが可能です。1回の注入でもしっかりと効果を実感でき、半年から1年のペースで施術すればキープできます。

 

治療を組み合わせたオーダーメイド治療もできる

目の下のクマには原因に合わせた対策をすれば、自分でもケアできます。しかし、クマの悩みを少しでも早く解消したいなら、美容皮膚科による治療がおすすめです。

 

銀座肌クリニックではていねいなカウンセリングを行い、クマの状態をチェックして原因に合った治療方法をご提案いたします。

 

おひとりおひとりの肌の状態に合わせて、治療を組み合わせたオーダーメイドのクマ治療も可能です。クマ治療を組み合わせることで、複数の原因にアプローチでき、クマの解消だけでなくスッキリした若々しい目元も手に入ります。

 

クマでお悩みの方や目元に年齢を感じ始めた方は、銀座肌クリニックで理想の目元を目指してみませんか?

 

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

※業者様は03-3486-3635

銀座肌クリニックのLINE公式アカウント

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Up