MENU
MAIL

TEL

肝斑(かんぱん)について

肝斑のある女性のイラスト

肝斑(かんぱん)は左右対称に現れるぼんやりとしたシミのことで、一般的に「シミ」と呼ばれる老人性色素斑とは原因も治療法も異なります。

肝斑の特徴や治療方法について、ご説明いたしましょう。

肝斑の症状

肝斑に悩む女性

肝斑は、20代~50代の女性にできやすいシミで、頬骨のあたりや額などに左右対称にぼんやりと現れます。目の下にできることが多いため、疲れ顔や、老けた印象を与えてしまうやっかいなシミです。

肝斑と老人性色素斑は見分け方が難しく、左右対称にできているからといって必ず肝斑だとは限りません。また、併発していることも多いため、治療法の選択には細心の注意が必要です。

肝斑の特徴

形状
  • 左右対称
  • 境界がはっきりせず、ぼんやりと広がっている
できる場所  頬・目の下・額・鼻の下・下あご

肝斑ができやすい人の特徴

  • 妊娠している

  • 経口避妊薬(ピル)を服用している

肝斑の原因

肝斑の原因は未だにはっきりとはわかっていません。
妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用がきっかけで発症する人が多く、閉経とともに症状が軽くなる傾向があるため、女性ホルモンのバランスが関係していると考えられています。

また、直接的な原因ではありませんが、精神的ストレスや過度なスキンケアによって悪化することがあります。

肝斑悪化の予防法

紫外線対策

紫外線は、肝斑を悪化させるだけでなく、老人性色素斑の原因でもあります。
季節や天気に関係なく、毎日必ず日焼け止めを塗りましょう。

ストレスをためない

肝斑に悩んだら専門の医療機関へ

「シミが治らない」というストレスにより、肝斑が悪化してしまうという悪循環が起こるケースがあります。
適度なストレス発散を心がけつつ、「肝斑かな?」と感じたら専門の医療機関に早めに相談しましょう。

肌に負担をかけない

スキンケアの際に肌をゴシゴシとこすってしまうと、肝斑を悪化させてしまいます。
洗顔の時は肌をこすりすぎないよう、優しく洗いましょう。

また、肝斑が気になってメイクで無理やり隠そうとすると、肌に過度な負担がかかります。適度なメイクを心がけましょう。

肝斑の治療方法

肝斑は、一般的なシミ治療で用いられるレーザー治療では悪化してしまう場合があります。

当クリニックでは、美白効果のある内服薬と肝斑にも効果的な光治療、美肌効果の期待できるレーザー治療を組み合わせることで、治療が難しいとされる肝斑をしっかりケアします。


肝斑でお悩みの方におすすめの組み合わせ例

内服薬 光治療 レーザー治療 薬剤治療

※カウンセリングでお伺いする内容や現在の症状、トライアル治療の結果によって、おすすめの組み合わせや回数は異なる場合がございます。

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Up