MENU
MAIL

TEL

老人性色素斑(シミ)について

老人性色素斑(シミ)について

シミといっても、様々な種類がありますが、老人性色素斑(別名「日光性色素斑」)は、一般的に「シミ」と認識されているものに当たります。

こちらのページでは、老人性色素斑(シミ)の症状・原因や予防法を詳しく説明いたします。
また、銀座肌クリニックで提供している、老人性色素斑の治療プランもご紹介しております。

老人性色素斑(シミ)の症状

老人性色素斑(シミ)の症状

老人性色素斑(シミ)は、5~20mmの大きさで円形にできることが多いです。滲んだようなシミでなく、肌との境界がはっきりしています。

部位としては、顔・手の甲・腕・背中など、日光にさらされる部位にできます。放置していると盛り上がってきて、老人性イボ・老人性疣贅とも呼ばれる脂漏性角化症になる場合もあります。

紫外線を浴びる機会が多い方は早くて20代でもできる場合がありますが、30代後半から40代に現れ始めるのが一般的です。
加齢とともに発症する人が増えるため、50代では約8割の方にできるといわれています。

老人性色素斑(シミ)の特徴

形状
  • 円形
  • 境界がはっきりしている
  • 盛り上がりがなく平ら
  • 複数できる場合は、散らばらずにまとまってできる
 茶色
大きさ  約5mmから20mm
できる場所
  • 手の甲
  • 背中

老人性色素斑(シミ)ができやすい人の特徴

  • 紫外線を浴びる機会が多い方

  • ストレスをためこみやすい方

  • 睡眠不足の方

  • 食生活が乱れがちで運動不足の方

老人性色素斑(シミ)の原因

老人性色素斑の主な原因は紫外線ですが、他に生活環境や加齢の影響も考えられます。

紫外線が影響するケース

紫外線が影響するケース ※タップすると画像が拡大表示できます

紫外線を浴びると、表皮の最下層にあるメラノサイトがメラニンを生成し、ダメージから肌を守ります。

メラニンが生成されても、正常にターンオーバーが行われていれば、新しく作られた細胞に押し上げられて皮膚表面から排出されます。
そのため、一時的に日焼けをしても、肌は元の状態に戻り、シミになることもありません。

しかし、紫外線を浴び続けてメラニンが過剰に増加したり、肌のターンオーバーが滞りメラニンが排出されなくなったりすると、メラニンが沈着してシミができてしまいます。

生活環境が影響するケース

生活環境が影響するケース

基本的な生活習慣の乱れも、シミの原因です。

バランスの悪い食事や睡眠不足、運動不足などはターンオーバーが滞る要因。シミができやすくなってしまいます。

年齢が影響するケース

年齢が影響するケース

若いころは新陳代謝が活発ですので、皮膚のターンオーバーも滞りなく行われます。

しかし、年齢を重ねるとターンオーバーの周期が長くなり、シミができやすくなります。

老人性色素斑(シミ)の予防法

老人性色素斑を予防するためには、「メラニンの増加」と「肌のターンオーバーの滞り」を対策していく必要があります。

メラニン増加に対する予防

紫外線対策

紫外線対策

まず、紫外線を浴び過ぎないことが第一です。
日焼け止めを忘れずに使用するなど、日頃からの紫外線ケアの積み重ねが、老人性色素斑の予防につながります。

晴れの日や夏の間は、多くの方が紫外線対策に気を配っていますが、実は雨の日や曇りの日でも紫外線は放出されているため、一年中常に対策が必要です。
晴れていないからといって対策を怠らないようにしましょう。

ビタミンCの摂取

ビタミンCの摂取

ビタミンCには、メラニンの生成を抑える働きがあります。

メラニンは、チロシンというアミノ酸が、チロシナーゼという酵素によって、ドーパ、ドーパキノンという化合物に変わり、酸化することで生成されます。

ビタミンCには、このメラニンが生成される酸化反応を戻す(還元する)効果があるため、摂取することで、メラニン抑制が期待できます。
レモン・アセロラ・ゆず・ブロッコリー・キウイフルーツなど、ビタミンCが豊富に含まれている食べ物を積極的に摂取してください。

肌のターンオーバーの滞りに対する予防

規則正しい生活

規則正しい生活

ターンオーバーの滞りを正常化させるためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

ターンオーバーは身体本来の機能であるため、
・十分な睡眠をとる
・バランスのとれた食生活にする
・ストレスを溜めすぎない
といったことを毎日意識することが大切です。

正しいスキンケア

正しいスキンケア

洗顔のし過ぎ・過剰なピーリング(角質ケア)や洗顔不足など、不適切なスキンケアを行うことも、ターンオーバーの滞りにつながります。

そのため、ご自身にとって適切なスキンケアを知り、実践することが予防となります。

美容皮膚科などで医師による診察を受けると、ご自身に合ったスキンケアを知ることができますので試してみてください。

老人性色素斑(シミ)の治療方法

治療の効果

  • 老人性色素斑(シミ)の改善、毛穴の引き締め効果
  • くすみやキメの改善、美白効果

痛みの有無

  • ほとんどなし

ダウンタイム

  • なし(治療直後からメイクが可能・入浴や洗顔も通常通り行える)

リスク・副作用

  • シミの部分は治療後3~4日で薄いかさぶた状になり、7~10日くらいで剥がれてシミが目立たなくなる(かさぶたはメイクで隠せる程度です)
  • 治療後は紫外線の影響を受けやすくなる

治療の効果

  • 老人性色素斑(シミ)の改善
  • ニキビ跡の赤みの改善
  • そばかすの改善

痛みの有無

  • 輪ゴムで弾かれるような感覚がある

ダウンタイム

  • なし(治療直後からメイクが可能・入浴や洗顔も通常通り行える)

リスク・副作用

  • 治療後は照射した部位に赤みが出て、その後かさぶた状になり、剥がれるとシミも目立たなくなる

銀座肌クリニックの
シミ取り治療プラン

シミの改善とシミができにくい素肌作り

銀座肌クリニックでは、老人性色素斑(シミ)の改善だけでなく、シミができにくく肌トラブルのない素肌を目指すオリジナルプランをご用意しております。

また、こちらの治療プランは、しわ・くすみ・たるみ・毛穴など肌老化の症状のお悩みにも効果的です。

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。


Page
Up