MENU
MAIL

TEL

ほうれい線など深いしわの原因と改善方法

ほうれい線など深いしわ

額や目元、口元に刻まれる深いしわは年齢を重ねるとともに目立つようになり、実年齢よりも老けて見えてしまうことから多くの女性たちを悩ませています。小じわ・ちりめんじわのような浅いしわはケアで改善が見込めますが、深く刻まれたしわは簡単には消せません。それだけに、できるだけ進行させないこと、気になりはじめたらすぐに正しい対処をすることが重要です。

そこで、ほうれい線などの深いしわの原因や改善方法、治療方法などについてご説明いたします。

目次

ほうれい線などの深いしわの原因

加齢や紫外線による弾力低下

深く刻まれたしわは、真皮の機能が衰えることでおこります。真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで満たされ、ハリや弾力、潤いを保持する役割を担っています。しかし、加齢とともにそれらの成分は減少していくため、皮膚を支えきれなくなってしわが発生するのです。

また、紫外線もしわの大敵です。紫外線を浴び続けると、あらゆる老化の原因といわれる活性酸素が発生します。もともとは有害物質を退治してくれる活性酸素ですが、必要以上に増えると細胞に悪影響を与えます。皮膚の場合、エラスチンやコラーゲンがダメージを受け、弾力と水分保持機能が低下してしまうのです。

小じわが深くなり真皮層へ到達

小じわ・ちりめんじわは皮膚の一番外側にある表皮が乾燥し、肌の表面が委縮して発生します。一時的な浅いしわなので保湿することで改善が見込めますが、なにもせずに放置すると次第に真皮層まで達する深いしわになるケースもあります。乾燥によって皮膚表面の角質が硬く厚くなるとバリア機能と保湿機能が低下し、さらに紫外線の影響を受けやすくなってしまうためです。

たるみが原因のしわ

年齢とともに筋肉は衰えるものですが、それは身体だけでなく顔も同じです。とくに顔の筋肉は骨ではなく皮膚に付着しているので、表情筋が衰えるとそのうえにある脂肪や皮膚を支えきれなくなります。さらに、加齢によって新陳代謝が落ちると皮下脂肪がつきやすくなります。それが重力によって垂れ下がるのがたるみで、同時にしわのような溝ができます。その代表的なものがほうれい線です。

深いしわのできやすい場所

深いしわができやすい場所はさまざまです。よく耳にするのは顔や首のしわですが、最近では手のしわに悩まれている方も多いようです。ここでは、具体的にどんな部分にできるのか、その理由とともにご説明します。

目の下・目尻などの目元のしわ

目の下や目尻は小じわ・ちりめんじわが生じやすい部分ですので、そのまま放置することで深いしわに進行してしまうケースが見られます。また、目の周りにある眼輪筋の衰えも原因のひとつです。

おでこ(額)のしわ

目を見開く、眉毛を上げるといった表情を続けることで、しわとして刻まれてしまいます。顔の中で出っ張っている部分のため、紫外線の影響を受けやすいともいえます。

ゴルゴライン

ゴルゴライン

ゴルゴラインは目頭から頬に向けて斜めに走るラインのことで、ほうれい線同様たるみのひとつです。表情筋の中でも大小頬骨筋や上唇拳筋の衰えによって皮膚や筋肉がたるみ、脂肪が垂れ下がって下しわのような溝ができます。

ほうれい線・マリオネットライン

ほうれい線・マリオネットライン

ほうれい線は小鼻から口角にかけて八の字に伸びるしわ、そしてマリオネットラインは口角からあごにかけて伸びるしわのことです。それぞれの表情筋が衰えてできるだけでなく、頬のたるみ、首にかけて広がる広頚筋のゆるみによって目立ってきます。

首のしわ・手のしわ

首は顔よりも皮膚が薄く乾燥しやすい部分です。さらに、顔の2倍の汗腺があるため、汗によって肌がもともと持っている保湿成分が流され、より乾燥が進んでしわができます。手のしわもやはり乾燥が原因です。1日に何度となく洗う、紫外線を浴びるなど過酷な状況にさらされているだけに老化が進みやすく、しわが目立つようになるのです。

ほうれい線など深いしわの改善方法

深く刻まれたしわをホームケアで完全になくすのは難しいといえます。しかし、日々のケアや生活改善によって進行をゆるやかにすることはできるので、日常生活を見直してみてください。

紫外線対策で深いしわを改善

紫外線を長く浴びているとエラスチンやコラーゲンが減少し、皮膚を支えきれなくなって深いしわができやすくなります。それだけに、日頃から紫外線を浴びない工夫が大切です。紫外線には窓ガラスを透過する波長もあるので、外出時だけでなく室内にいる時も日焼け止めを塗るなど、しっかり対策してください。

保湿で深いしわを改善

小じわ・ちりめんじわ同様、深く刻まれたしわも乾燥は御法度です。室内の湿度に気を配る、保湿力の高いスキンケアアイテムを取り入れるなど、日頃から肌を乾燥させないようにしてください。また、ストレスや睡眠不足も肌の乾燥につながりますので、できるだけ避けるようにしましょう。

マッサージとエクササイズで深いしわを改善

筋力の低下と皮下脂肪の増加によって生じるたるみを防ぐにはエクササイズが有効です。普段あまり使わない口元を意識的に動かすなど、できる範囲からはじめてください。また、マッサージによる血行促進も健やかな肌づくりにつながります。ただし、強い力を加えると肌を傷めてしまうので、やさしく行ってください。

深いしわの改善・予防が期待できる食べ物

深く刻まれたしわの改善には、コラーゲン、ビタミンC、たんぱく質、鉄分などの栄養素が効果的とされています。それらが含まれている食べ物を効率よく摂って、肌のコンディションを整えましょう。

  • 【コラーゲン】牛筋、鶏皮、手羽先、フカヒレ、すっぽん など
  • 【ビタミンC】アセロラ、レモン、ブロッコリー、ゆず、キウイフルーツ など
  • 【たんぱく質】肉類、魚介類、たまご、乳製品、豆類、お米 など
  • 【鉄分】ひじき、あさり、がんもどき、豚レバー、鶏レバー など

ほうれい線などの深いしわの治療方法

真皮層に達した深いしわは、セルフケアでの改善が難しいため、美容皮膚科などでの治療がおすすめです。しわを治療で改善できるということはまだまだ認知度が低いようなので、あきらめている方も多いのではないでしょうか?あるいは、治療できることは知っていても、メスを使った美容整形手術のイメージから躊躇している方もいらっしゃるかもしれませんね。
当クリニックでは、注射などの切らない治療でしわを改善しています。即効性の高い「ヒアルロン酸注入」や肌そのものを若返らせる「リジュラン」「リードファインリフト」をご用意しております。しわのお悩みをあきらめる前に、まずはご相談ください。美容医療経験20年以上の院長があなたのしわを改善します。

ヒアルロン酸注入によるしわ治療

ヒアルロン酸注入とは、注射でしわの溝にジェル状のヒアルロン酸を注入する治療です。皮膚の内側からしわを押し上げることにより、しわを解消します。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、アレルギー反応も起こしにくく安心です。

こんな方におすすめ

  • しわ治療に即効性を求める方

ヒアルロン酸注入の詳細

リジュランによるしわ治療

リジュランとは注射による肌再生治療です。肌細胞を活性化する薬剤を注射することにより、肌の水分量、弾力、厚みを改善し、若々しい肌を取り戻します。しわはもちろん、クマ、くすみ、ニキビ、赤ら顔、毛穴など様々なお悩みを同時に解消できます。

リジュランの仕組み ※タップすると画像が拡大表示できます

こんな方におすすめ

  • しわが広範囲にある方
  • 首や手の甲など、顔以外のしわ取りをしたい方

リジュランの詳細

リードファインリフトによるしわ治療

リードファインリフトとは、美容鍼のような極細の針で、体内に吸収される特殊な糸を挿入する治療です。糸の刺激によりコラーゲンの再生を促し、しわや肌のたるみを解消します。

リードファインリフトの仕組み ※タップすると画像が拡大表示できます

こんな方におすすめ

  • 自然な仕上がりを求める方

リードファインリフトの詳細

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。