MENU
MAIL

TEL

小じわ・ちりめんじわの原因と改善方法

小じわ・ちりめんじわ

小じわ・ちりめんじわとは皮膚の浅い層にできるしわで、目元や口元によく現れます。眉間や額にできる深いしわと比べると幅広い年齢層に見られ、人よっては20代前半からできてしまうこともあります。基本的には浅いしわなので、それほど気にしない方もいらっしゃいますが、対処をせずに放置すると段々と深くなってしまうこともありますから、早めのケアが肝心です。

それでは、小じわ・ちりめんじわの原因や改善方法、治療方法などについてご説明いたします。

目次

小じわ・ちりめんじわの原因

肌の構造と小じわの関係

皮膚の構造と小じわの関係 ※タップすると画像が拡大表示できます

小じわ・ちりめんじわについて知るために、まずは皮膚の構造についてご説明します。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層でできています。

表皮は一番外側にある部分。約0.3ミリと非常に薄く、その中でも最表面にある角質層はバリア機能と保湿機能に優れ、外部から異物が入り込まないようにしたり、内側から水分を逃がさないようにしたりしています。

真皮は表皮の内側にあり、皮膚の大部分を占めています。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで満たされ、皮膚のハリや弾力、潤いの保持に深く関わっています。

そして、もっとも内側にあるのが皮下組織です。ほとんどが皮下脂肪でできていて、表皮と真皮を支えるクッションのような役割をしています。

しわにはさまざまな種類があり、その原因も多岐に渡りますが、小じわ・ちりめんじわには表皮が深く関わっています。

また、皮膚の表面には皮溝という細かい網目状の溝と、その溝に囲まれた皮丘という盛り上がりがあります。皮溝と皮丘によってつくられた模様を皮紋といい、これが細かく均一だと「キメが整っている」とされます。10代の頃は皮紋が細かく均一なのでしわができませんが、年齢を重ねるとともに皮紋は粗く、皮溝が深くなっていき、目で見えるしわとなって現れます。

小じわ・ちりめんじわの3大原因

前述の通り、小じわ・ちりめんじわには表皮が関わっています。とくに角質層の機能が低下すると肌に必要な潤いがキープできなくなり、小じわ・ちりめんじわが生じてしまうのです。では、角質の機能低下はどうしておこるのでしょうか? ここでは主な3つの原因についてご説明します。

乾燥

小じわ・ちりめんじわができる最大の原因は乾燥です。乾燥すると肌の表面が委縮してキメが荒くなり、浅くて細かいしわができてしまいます。

紫外線

紫外線はあらゆる肌の老化現象の原因になり、小じわ・ちりめんじわも例外ではありません。強い紫外線を浴び続けると活性酸素が発生して肌の老化が進み、水分保持機能が低下します。

加齢

年齢を重ねると肌の生まれ変わるサイクルが遅くなり、新陳代謝が適切に行われなくなって水分保持機能も低下してしまいます。

小じわ・ちりめんじわのできやすい場所

小じわ・ちりめんじわにはできやすい場所があります。主に皮膚の薄い部分や乾燥しやすい部分ですが、具体的にどんな部分にできるのか、その理由とともにご説明します。

目の下・目尻などの目元の小じわ

目のまわりは皮膚が薄く、皮下脂肪も少ないためとても乾燥しやすい場所です。そのため、意識的に潤いを補わないと保湿力が失われ、しわが目立つようになります。

頬の小じわ

頬は皮膚のなかでも厚さがある部分です。同時に、角質層にも十分な厚みがあるため機能的には水分が逃げにくいと考えられます。しかし、メイクやスキンケアによって擦ったり叩いたりを繰り返すと、その刺激で角質層がダメージを受け、必要以上に硬く厚くなってしまいます。すると、肌のターンオーバーが乱れたり、化粧水や美容液などの成分が浸透しづらくなったり。結果的に十分な水分が保持できなくなってしまいます。

また、頬の場合は小じわではなく帯状毛穴というケースもあります。これは毛穴が縦長の楕円に広がり、次第に連結してしわになってしまうもので、早めのケアによって改善が望めます。

口元の小じわ

口元の皮膚は皮脂の分泌量が少ないため、とても乾燥しやすくなっています。しかも、よく動かす場所なので、しわができやすい部位のひとつです。

小じわ・ちりめんじわの改善方法

小じわ・ちりめんじわは浅いしわなので、早めに正しいケアをすれば改善が見込めます。日常生活に取り入れられる簡単な改善方法もありますので、日頃から気を配り、できるだけ進行させないようにしてください。

保湿で小じわ・ちりめんじわを改善

小じわ・ちりめんじわの一番の原因は乾燥です。エアコンが効いた室内にばかりいる、乾燥が厳しい季節に屋外で長く過ごすなどといった外的要因だけでなく、間違ったスキンケア、ストレスを溜め込む、睡眠不足といった生活習慣も肌の乾燥につながります。

小じわ・ちりめんじわをつくらないためにも、室内の湿度に気を配る、保湿力の高いスキンケアアイテムを取り入れるなど、日頃から肌を乾燥させないようにしてください。

紫外線対策で小じわ・ちりめんじわを改善

紫外線は肌にとって大敵ですから、極力浴びないようにする工夫が必要です。外出時は日焼け止めを塗る、紫外線の強い時間や場所に長時間いるのは避けるなど、しっかり対策してください。

小じわ・ちりめんじわの改善・予防が期待できる食べ物

小じわ・ちりめんじわの改善には、コラーゲン、ビタミンC、ビタミンE、セラミドなどの栄養素が効果的とされています。それらが含まれている食べ物を効率よく摂って、肌のコンディションを整えましょう。

  • 【コラーゲン】鶏皮、手羽先、牛筋、すっぽん、フカヒレ など
  • 【ビタミンC】レモン、アセロラ、ゆず、ブロッコリー、キウイフルーツ など
  • 【ビタミンE】アボカド、納豆、ごま、かぼちゃ、アーモンド など
  • 【セラミド】こんにゃく、大豆、牛乳、ヨーグルト、黒ごま など

小じわ・ちりめんじわの治療方法

小じわやちりめんじわはセルフケアでも改善が可能ですが、効果が出るまでに数ヶ月から数年必要だったり、日々の努力を必要とします。より早く小じわを改善したい方や、忙しくてなかなか小じわのセルフケアに時間をかけられない方には、美容皮膚科での治療がおすすめです。
当クリニックでは、レーザー治療「ジェネシス」や光治療「タイタン」による小じわ治療、さらにオリジナル治療プラン「小じわコース」をご用意しております。小じわでお悩みでしたら、まずはご相談ください。美容医療20年以上の実績を持つ院長が、あなたの小じわのお悩みを解決します。

ジェネシスによる小じわ治療

ジェネシスによる小じわ治療

ジェネシスはコラーゲン再生効果のあるレーザー治療です。コラーゲンが再生されることにより肌にハリが出て小じわが改善されます。施術中は温かいミストを浴びているような感覚で痛みはなく、気軽に治療を受けていただけます。

こんな方におすすめ

  • 乾燥や紫外線によるターンオーバーの乱れが原因の小じわにお悩みの方

ジェネシスの症例写真

ジェネシスの詳細

タイタンによる小じわ治療

タイタンによる小じわ治療

タイタンは近赤外線による光治療で、肌奥深くの真皮層を引き締める効果があります。真皮層に作用するため、小じわより深いしわにも効果を発揮します。照射時には痛みがなく、治療直後からメイクをしていただくことができます。

こんな方におすすめ

  • 加齢による肌弾力低下が原因の小じわでお悩みの方
  • 小じわだけでなく深いしわも改善したい方

タイタンの症例写真

タイタンの詳細

ライトアイズウルトラによる小じわ治療

ライトアイズウルトラによる小じわ治療

ライトアイズウルトラは、目元のしわ・小じわ解消に効果的な注射治療です。目元の筋肉の緊張緩和、ハリ・弾力アップに効果的な薬剤を注入することで、気になるしわが目立たなくなり、若々しい印象を与えることができます。
治療は、目元への注射のみで完了。ダウンタイムもほとんどなく、お化粧してお帰りいただけます。お仕事などでお忙しい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 目尻の小じわが気になっている方
  • クマ・目の下のたるみなど、目元に様々なお悩みを抱えている方

ライトアイズウルトラの症例写真

ライトアイズウルトラの詳細

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。