MENU
MAIL

TEL

おでこや眉間のしわ(表情ジワ)の原因と改善方法

おでこや眉間の表情ジワ

「表情ジワ」とは、顔をしかめた時におでこ(額)や眉間にできるしわ、目尻の笑いじわなど、表情の変化によりできるしわです。

それでは、表情ジワの原因や改善方法、治療方法などについてご説明いたします。

目次

おでこや眉間のしわ(表情ジワ)の原因

顔には数十種類の表情筋があり、それらの収縮・弛緩によって表情が生まれます。自然な表情であれば問題ありませんが、余計な力が入った表情を長く続けていると、知らず知らずに跡がついてしまいます。このように、表情によってできるものを表情ジワといいます。

表情の癖があっても、若い頃は表情を戻せば消えていたしわが、年齢を重ねると残ったままになってしまうのは、皮膚のハリや弾力、潤いを担う真皮のコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸が加齢や紫外線の影響によって減少し、皮膚を支えきれなくなってしまうためです。

無意識に繰り返している表情によってしわが刻まれてしまうので、口を大きく開けて笑う、しかめっ面をする、眉毛を上げる、目を見開くなどの癖がある方は注意が必要です。ただし、表情ジワにならないように無表情でいればいいかといえばそうではありません。筋肉は動かさないと次第に衰えて行きますから、適度に表情筋を動かすことを忘れないでください。

表情ジワのできやすい場所

表情ジワは、表情筋によって動く場所に現れます。額(おでこ)や眉間が代表的ですが、ほかにも気をつけたい部分がありますので、できる理由とともにご説明します。

おでこ(額)の横じわ

おでこ(額)の表情筋は縦向きに走っています。そのため、目を見開く、眉毛を上げるなど、おでこ(額)の筋肉を大きく動かす表情を続けていると横に深いしわが刻まれてしまいます。面積が広い部分だけにしわができるととても目立ちますし、老けて見えたり、不機嫌に見られたりと印象を左右することもあるので、しわを定着させないように気をつけてください。

目尻のしわ(笑いジワ)

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、目は実に表情豊かです。そのぶん目の周りの筋肉が動いているわけですから、疲労がたまりやすい部分でもあります。疲労が蓄積されると血流が悪くなり、皮膚の新陳代謝がスムーズに行われず、しわができやすくなります。最近ではスマホやPCの画面を長時間見ていることによる眼精疲労も増えていますので注意してください。

眉間のしわ

目に近く、想像以上によく動いている眉間は表情ジワができやすい部分です。眉間の縦じわは老けた印象になるだけでなく、不機嫌に見られてしまうこともあるので避けたいもの。目を細めて文字を見る、ストレスで眉間に力を入れるといった表情の癖があると、いつの間にか縦じわが深く刻まれてしまうので注意してください。

あごのしわ(梅干しわ)

笑うとあごに梅干しのような凹凸ができるのは、下唇からあごへ垂直にのびているオトガイ筋の緊張によるものです。これは下唇を閉じるときに使う筋肉で、口を閉じているときには使いません。しかし、あごのしわ(梅干しわ)ができる方は、口を閉じているときにも下唇に余分な力が加わっているのです。表情の癖もありますが、「上あご(歯)が出ている」「下あごが後退している」「歯並びが悪い」といった方に多く見られます。

おでこや眉間のしわ(表情ジワ)の改善方法

表情ジワをホームケアで改善するのは難しいものです。しかし、表情の癖や生活習慣の見直し、エクササイズやケアによって進行をゆるやかにすることができます。

表情の癖に注意する

意識的、無意識に関わらず、人それぞれに表情の癖があります。あなたはご自身の表情の癖が分かっていますか?笑顔をつくるときに必要以上に頬や口角に力を入れている、気づくと眉間に力が入っている、目を細めて文字を読んでいる……など、筋肉に余計な力が加わると表情ジワが発生しやすくなるので、自然な表情を心がけるようにしましょう。
また、いつも頬杖をついている、猫背といった姿勢の悪さ、まくらが高すぎる、いつも同じほうを下にして寝ているなど睡眠時の習慣も表情ジワの原因になりますので注意してください。

表情筋を鍛える

前述の通り、顔には数十種類もの表情筋があり、それによって笑ったり、泣いたり、怒ったりと、さまざまな表情が生まれます。身体同様、顔の筋肉も使わなければ次第に機能が低下しますから、表情ジワを心配するあまり無表情で過ごしていると、逆に筋肉が衰えてたるみやしわを加速させてしまいます。日頃から適度に表情筋を動かす、エクササイズを取り入れるなど、表情筋が衰えないように気を配りましょう。

真皮の弾力・水分量を保持

表情ジワは真皮の機能低下によっておこります。真皮にはコラーゲンやエラスチンなどがあり、皮膚のハリや弾力、潤いを保持する役割を担っていますが、加齢や紫外線の影響によって成分が減少すると皮膚を支えきれず、しわが発生します。また、乾燥も厳禁です。乾燥によって皮膚表面の角質が硬く厚くなるとバリア機能と保湿機能が低下し、コラーゲンやエラスチンがダメージを受けてしまうのです。表情によってできたしわをなるべく進行させないためにも、日頃から、室内の湿度に気を配る、保湿力の高いスキンケアアイテムを取り入れるなど乾燥に注意し、皮膚の弾力と潤いをキープするようにしてください。

おでこや眉間のしわ(表情ジワ)の治療方法

表情ジワは、セルフケアで進行を抑制することができても、改善することは困難です。また、ご自身のしわが表情ジワなのかどうかわからない方も多いのではないでしょうか。
まずは専門医に相談し、しわの種類に合った治療を受けましょう。
当クリニックでは、注射による切らないしわ治療を行っています。しわでお悩みでしたら、まずはご相談ください。美容医療経験20年以上の院長があなたのしわに合った治療をご提案いたします。

ボトックス注入によるしわ治療

ボトックス注入とは、筋肉に作用する薬剤を注射し、筋肉の動きを抑えることにより、表情ジワをできにくくする治療です。表情ジワの場合には、できてしまったしわに対する治療を行うより、しわの原因である表情の変化を抑えることにより、根本解決する方が効果的です。
例えば眉間にボトックスを注射すると、下記の写真のように眉間に力をいれてもしわができにくくなります。

ボトックス注入の症例写真

ボトックス注入の症例写真
ボトックス注入の症例写真

ボトックス注入の詳細

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。