MENU
MAIL

TEL

ニキビの種類と対処法

ニキビは種類に合わせた対処が大切!

ニキビは進行状況によって種類が異なります。

白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと進行し、それぞれに適した対処法があります。

対処法を誤ったり、放置してしまうと、ニキビはどんどん悪化し、跡が残ってしまったり、同じ場所に繰り返しニキビができるようになります。

健康な肌

1.健康な肌

白ニキビ

2.白ニキビ

黒ニキビ

3.黒ニキビ

ニキビ跡

6.ニキビ跡

黄ニキビ

5.黄ニキビ

赤ニキビ

4.赤ニキビ

様々なニキビが混在することが多いため、皮膚科で適切な治療を受けることが大切です。

また、治療と合わせて自分でできる対処法を行うことで、ニキビの進行を止めることができますので、試してみてください。

それでは、ニキビの種類の見分け方とそれぞれの対処法、治療方法をご説明します。

白ニキビ

白ニキビとは?

白ニキビとは、色のない小さく盛り上がったニキビを指します。汚れなどで毛穴が塞がれることが原因であり、毛穴に皮脂が溜まることで、皮膚が盛り上がります。初期段階のニキビであり、炎症を起こしている訳ではなく、詰まっているだけのため、痛みや赤みなどの症状はありません。


白ニキビの注意点

白ニキビは、ニキビの初期段階です。早めに適切な治療や正しいケアを行えば、比較的すぐに治癒します。とはいえ、肌にポツポツと白ニキビができると、どうしても気になってしまうもの。そこで、むやみに触って刺激を与えると炎症をおこしてしまうので注意してください。
また、ニキビができると指でつぶす方もいるようですが、健康な組織や細胞まで傷つけかねませんので、絶対につぶさないようにしてください。


白ニキビの対処法

白ニキビは炎症が起こる前段階なので、炎症を抑える薬は必要ありません。それよりも、毎日の正しい洗顔によって肌を清潔に保ち、皮脂や汚れなど毛穴詰まりの原因を溜めないことが重要です。そして、洗顔は力を入れ過ぎず、たっぷりの泡で優しく包み込むようにしてください。
また、規則正しい生活や偏りのない食生活などにより、皮脂の過剰な分泌を抑えることも白ニキビ予防につながります。


白ニキビにおすすめの治療

黒ニキビ

黒ニキビとは?

白ニキビの段階から、さらに皮脂が溜まり、毛穴が押し広げられると、空気に触れることで皮脂が酸化します。酸化によって黒くなった状態が黒ニキビと呼ばれています。皮脂が酸化したのみで、炎症はまだ起きていません。そのため、この黒ニキビの段階までであれば、ニキビ跡が残る心配はありません。


黒ニキビの注意点

白ニキビ同様、炎症が起きている段階ではないので、悪化させないことが重要です。
黒ニキビは白ニキビよりも目立つため、なんらか対処する方が増えるのですが、とくに多いのが市販の毛穴ケアグッズで角栓を取ろうとするケースです。しかし、強い刺激を与えると肌に負担がかかるだけでなく、毛穴が開いて、再発の可能性が高くなります。


黒ニキビの対処法

基本的に白ニキビの対処法と同じで、丁寧な洗顔で汚れや角栓を取り除き、肌を清潔に保つことが重要です。黒くて目立つからといって、汚れを落とそうと力を入れてゴシゴシこするのは逆効果。肌に刺激を与えるだけでなく、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌してしまいます。
また、白ニキビと同様に、規則正しい生活や偏りのない食生活など、生活習慣の見直しも必要です。


黒ニキビにおすすめの治療

赤ニキビ

赤ニキビとは?

赤ニキビとは、炎症が起きて、赤く、痛みを伴うニキビです。赤ニキビは、アクネ菌などの細菌が繁殖したことによって炎症が起こります。アクネ菌とは、肌に常に存在している菌であり、皮脂が栄養源のため、ニキビができた箇所に多く繁殖し炎症のもとになってしまいます。この段階から、ニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなってしまいます。


赤ニキビの注意点

炎症を起こしている赤ニキビは、かゆくなることがあります。だからといって、手でかいたり、指で触れてしまったりすると症状が悪化してしまうので気をつけてください。
また、赤ニキビができている時は、ファンデーションも避けた方がよいでしょう。実際はなかなか難しいと思いますが、メイク落としが省け、刺激も減らせるので、できるだけ “ファンデーションなし”を心がけてください。


赤ニキビの対処法

赤ニキビは、まず炎症を抑えることが第一です。そのため、洗顔などのケアだけでなく、炎症を抑える薬の使用が有効です。
さまざまなニキビ薬が市販されていますが、肌に合わないと症状が悪化してしまうこともありますので、早めにクリニックを受診し、症状にあった薬を処方してもらうことをおすすめします。


赤ニキビにおすすめの治療

黄ニキビ

黄ニキビとは?

黄ニキビとは、炎症を起こした赤ニキビが化膿し、膿が溜まった状態のニキビで、膿疱性ニキビとも呼ばれます。ニキビの段階の中でもかなり悪化した状態です。黄色もしくは白色に見えるものは膿であり、白血球と細菌が戦った残骸です。黄ニキビの進行がひどい場合には、炎症が治まり、ニキビが消えた後も、ニキビ跡や色素沈着につながるため注意が必要です。


黄ニキビの注意点

「膿を出せば治るのでは?」と考えて、針や指などで黄ニキビをつぶそうとする方がいるようですが、黄ニキビは肌の深部まで進行しているので、むやみにつぶすと、そこから細菌が入ったり、皮膚組織にダメージを与えたりする可能性があります。
色素沈着にもつながりかねませんので、絶対につぶさないようにしましょう。


黄ニキビの対処法

黄ニキビは赤ニキビと同様に、炎症や膿を抑えることが第一です。たとえセルフケアで一時的に炎症や膿がひいても、色素沈着やクレーター状のニキビ跡が残りやすく、そうなるとスキンケアだけでは改善できません。
そもそも膿をもった黄ニキビはケガや病気と同じようなものなので、早めに美容皮膚科をはじめとするクリニックで治療するようにしましょう。


黄ニキビにおすすめの治療

ニキビ跡

ニキビ跡とは?

ニキビ跡は、ニキビの状態がひどくなり、肌の深部である真皮や皮下組織にまで炎症が広がり、ダメージがあった場合にできてしまいます。ニキビ跡にも種類があり、「赤みが残る」「クレーターのような凸凹が残る」「色素沈着が残る」というタイプにおおよそ分けることができます。


ニキビ跡の注意点

ニキビは進行していくので、できるだけ早く対処し、ニキビ跡を残さないことが重要です。
それでもニキビ跡が目立つ場合はむやみに触らず、肌を清潔に保つよう心がけ、早めに医療機関を受診するようにしましょう。


ニキビ跡の対処法

ニキビ跡には「赤み」「色素沈着」「クレーター」といったタイプがあり、それぞれケアや治療方法が異なります。間違ったセルフケアを続けていては、どんなに時間をかけても改善できません。また、「クレーター」の場合、スキンケアだけで改善するのは難しいので、美容皮膚科をはじめとするクリニックで、適切な治療を受けるようにしてください。


ニキビ跡におすすめの治療

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。