MENU
MAIL

TEL

男性の薄毛・AGA治療

男性特有の脱毛症「AGA」

「AGA」とは「Androgenetic Alopecia」の略で、「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」という意味です。

頭頂部の毛が薄くなる、生え際が後退するなど、男性に多く見られる脱毛タイプです。

ウィッグは手軽に髪をボリュームアップできるのですが、できればご自身の髪を増やしたいと思いませんか?

日本では薄毛に悩む方が1千万人以上いると言われていますが、薄毛で悩む男性のほとんどがAGAであると考えられています。

当クリニックでは、AGAに特化した発毛治療薬とホームケアを組み合わせた治療を行っておりますので、AGAでお悩みの方はご相談ください。

また、AGAの他には「円形脱毛症」などの脱毛症がありますが、原因やメカニズムに違いがありますので、AGA以外の脱毛症でお悩みの方にはHARG(ハーグ)療法をおすすめしております。

目次

男性の薄毛「AGA」の原因

男性ホルモンの作用

AGAを発症する最も大きな要因は男性ホルモンの作用だといわれています。
この男性ホルモンには体毛を増加させる働きがある反面、頭髪の伸びを抑制する働きがあるためAGAの主要因として位置づけられています。

遺伝

厳密には、薄毛そのものは遺伝しないのですが、男性ホルモンのバランスなど、AGAを引き起こす因果が親から子へと遺伝するため、原因のひとつと考えられています。
母親が薄毛の場合は3/4の確率で、父親がAGAなどで薄毛の場合は1/2の確率で子供が薄毛になるというデータもあります。

現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足など)

ストレスや生活習慣の乱れといった、いわゆる現代病はホルモンバランスや自律神経の働きを乱してしまい、発毛を阻害してしまうと考えられています。
特に食生活は、体調はもとより頭髪や地肌の健康に大きな影響を与えます。
中性脂肪、コレステロールの多い食事は、血液粘性の増大を招き、頭部の血行不良を引き起こします。
頭皮の栄養状態は毛髪の栄養状態に直結し、脱毛を引き起こす原因になってしまいます。

男性の薄毛「AGA」のメカニズム

薄毛の原因になるヘアサイクル

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムを理解するには、まず毛髪の成長サイクルについて知る必要があります。
毛髪には「ヘアサイクル」と呼ばれる仕組みがあり、 「成長期」→「退行期」→「休止期」という過程を繰り返しています。(詳しくは下図をご覧ください。)
そして、毛髪の太さや長さは、「成長期」の長さによって決まります。成長期が長ければ、毛髪は太く長く成長し、成長期が短ければ、うぶ毛のような細く短い状態で抜け落ちてしまいます。
AGA(男性型脱毛症)の場合は、毛髪の本数が減るのではなく、「成長期」が短くなることにより、毛髪が太く成長する前に抜けてしまうため、徐々にボリュームが減り、地肌が見えるようになってしまいます。

※タップすると画像が拡大表示できます

男性ホルモンによるAGAの誘発

AGAを発症する最も大きな要因は、男性ホルモンの影響といわれています。
ここでは、男性ホルモンがどのように薄毛を誘発するのか解説します。

※タップすると画像が拡大表示できます

男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素によって、「ジヒドロテストステロン」に変換されます。

「ジヒドロテストステロン」が、毛髪内部の「毛乳頭」にある男性ホルモン受容体と結合します。

「ジヒドロテストステロン」の影響で、毛髪の元になる毛母細胞が弱り、毛髪の正常な成長サイクルが乱れ、一本一本の毛が十分に成長する前に抜けてしまいます。

AGAチェックによる治療方法決定

AGAになりやすい体質かどうかは遺伝子検査でチェックすることができます。
遺伝子検査では、遺伝子中の「CAGリピート」の長さを調べます。
「CAGリピート」には、「ジヒドロテストステロン」が男性ホルモン受容体と結合するのを防ぐ作用があります。
そのため、 「CAGリピート」の長さが短ければAGAになりやすいタイプ、長ければAGAが原因で薄毛になる可能性が低いタイプと判定できます。

当クリニックではAGA治療を始める前には必ず遺伝子検査を行っています。
あなたの薄毛の症状にAGA治療が適切かどうか判別してから治療を開始しますので、高い発毛・育毛効果を得ることができます。
遺伝子検査の結果によってはAGA治療ではなく、HARG治療などを提案する場合があります。

AGA治療薬とホームケアによる男性の薄毛治療

当クリニックでは、発毛治療薬を処方するだけではなく、髪が生えやすい頭皮環境を整えるためのホームケアを組み合わせた薄毛治療を行っております。
なぜなら、頭皮環境が整っていなければ抜け毛が減ることはないからです。そのため、発毛治療薬のみを使用していても、発毛効果を実感しにくくなってしまうのです。

そこで、当クリニックでは発毛治療薬とホームケアを併用し、発毛を促すと同時に、頭皮環境を整えていきます。
頭皮環境を整えることで、単に抜け毛を予防するだけでなく、髪が生えやすい状態になります。この相乗効果で、発毛治療薬の効果をより高めることができます。

フィナロ(内服薬)

効果 5αリダクターゼ(薄毛の原因となる男性ホルモン)の働きを抑制。
有効成分 フィナステリド
容量 1.0mg/1錠

ノキシジル(内服薬)

効果 毛母細胞を活性化させる。
有効成分 ミノキシジル
容量 5.0mg/1錠

サプリメント

効果 免疫力を高める。老化を抑える。血糖値のコントロール。
原材料・成分 亜鉛酵母・セレン酵母・クロム酵母・ビール酵母・セルロース・ショ糖エステル
容量 300mg/1錠

H+(エイチプラス)クレンジングシャンプー

効果 頭皮環境の改善、育毛。
原材料・成分 アミノ酸洗浄成分、「エナンチアクロランタ」などの9種類の植物エキス、植物プラセンタ、パンテノール(ビタミンB5)など
容量 100ml

男性の薄毛・AGA治療の料金プラン

まず、初診の際に血液検査、血圧測定、AGAチェック(遺伝子検査)を行い、当クリニックで使用している発毛治療薬に適応するかどうかを確認します。
約1ヶ月後に検査結果が出ますので、問題がない場合は内服薬とホームケア用品のセットを処方し、薄毛治療を行います。
発毛治療薬とホームケアのセットは、 髪や頭皮の様子を診察しながら1か月分ずつお渡ししますので、1か月に一度のペースでご来院ください。

また、ホームケアに使う育毛シャンプーは、薄毛・AGAに悩む男性の頭皮ケア用に開発された医療専売品です。
市販製品よりも高い育毛効果があり、髪が生えやすい頭皮環境へ整える作用があります。

初診料+血液検査・血圧測定 治療開始前に必要な検査です。 10,800円
AGAチェック(遺伝子検査) 治療開始前に必要な検査です。
AGAになりやすい体質かどうかを検査します。
20,000円
メンズ発毛セット
(1ヵ月分)
  • フィナロ・ノキシジル 各30錠
  • サプリメント 30錠
  • 男性用育毛シャンプー 100ml
32,400円

男性の薄毛・AGA治療の症例写真

発毛治療薬とホームケアでAGAのお悩みを改善された男性患者様の症例写真をご紹介いたします。

Case1 30代男性

CASE2 30代男性

CASE3 40代男性

CASE4 30代男性

男性の薄毛・AGA治療の治療の流れ

カウンセリング

受付後、問診表に本日の体調などをご記入ください。
薄毛・AGA治療に関するお悩みや不安な点がありましたら、どんなことでもお話しください。
おひとりおひとり時間をかけ、丁寧にお答えいたします。

診察

診察室に移動いただき、ご記入いただいた問診票を元に医師による診察を行います。
不安な点や疑問点などがありましたら、どんなことでもお話しください。わかりやすくお答えいたします。

血圧測定・採血

安全に薄毛治療を行うため、治療を始める前に血圧測定・血液検査・AGAチェック(遺伝子検査)を行います。
検査結果は約1ヶ月後に出ますので、お手数ですが再度ご来院ください。

再診(約1ヶ月後)

検査結果を元に、患者さまの症状やご希望に合わせて当クリニックでの治療方針をご説明します。
継続して治療希望の方には頭部の写真撮影・処方を行います。
(症状によってはHARG治療などを提案する場合もあります)

写真撮影・処方・ホームケア

発毛効果を確認するため、頭部の写真撮影を行います。
この写真はご自身で見ることが難しい頭頂部や後頭部などを確認いただくためのものです。許可なく他の方にお見せすることはございませんのでご安心ください。
その後、発毛薬やホームケアに使う医療用育毛シャンプーなどを処方します。

1ヶ月ごとに通院

月に一度、医師が頭皮や髪の状態を診察し、発毛薬や医療用育毛シャンプーなどを処方します。
植毛手術などと違い、頭皮への負担が少ない治療方法であるため、発毛効果は数か月かけて徐々に現れます。
個人差がありますが、約4ヶ月~半年ほどで発毛効果を実感いただく方が多いです。

男性の薄毛・AGA治療に関するよくあるご質問

Q

AGAの治療でどのようなことができますか?

A

乱れた発毛サイクルを正常に戻すことができます。
AGA治療は、毛根を増やす治療ではないため、毛根は増えません。
毛が細くなったり抜け毛が多くなった方などは発毛サイクルが乱れていますが、AGA治療によって正常な発毛サイクルに戻すことができます。
もともと毛が細かったり、毛量が少ない方は、AGA治療によって健康な毛になる効果があります。

Q

発毛効果はいつ頃から実感しますか?

A

約半年後くらいから発毛を実感していただいている方がほとんどです。
個人差がありますが、約半年後くらいから発毛を実感していただいている事が大半です。
しかしすぐに治療を中止してしまうと脱毛してしまうリスクがあるため、1年ほどは継続治療をしていただくことがおすすめです。

Q

額やつむじ周辺ではない部分が薄くなってきました。これもAGA治療ができますか?

A

まずはAGAチェックをして、AGAであれば治療が可能です。
AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変換され、これが毛乳頭細胞にある受容体に結合することが原因で起こります。
この「5αリダクターゼ」という酵素が多い部分は前頭部や頭頂部であるため、それ以外の部分におこる薄毛は、AGAではない可能性があります。
そのため、まずはAGAチェック(遺伝子検査)をしていただくことがおすすめです。

Q

AGA治療をやめると効果はなくなりますか?

A

再度薄毛になる可能性はあります。
「5αリダクターゼ」を完全になくすことはできないため、AGA治療を中止すると再度薄毛になる可能性はあります。
治療の中には、効果が継続するものもありますので、ご希望や予算に合わせた治療をご選択ください。

Q

未成年は治療できますか?

A

一部の治療を除き、治療が可能です。
未成年の方にはフィナステリドの処方ができませんが、その他の治療や検査などはお受けできます。
検査、治療の際には親権者の同意書が必要になります。

Q

AGA治療を開始してから、抜け毛が多くなったのですが、大丈夫なのでしょうか?

A

一時的に抜け毛が増える場合がありますが、ご安心ください。
AGA治療を開始してから2~6週後に、一時的に抜け毛が増える場合があります。
この症状を初期脱毛といい、薬が効いてきたことで退行期や休止期の毛が抜け、新しい毛に生え変わっている状態です。必ず落ち着くものなのでご安心ください。

Q

フィナステリドは副作用がありますか?

A

ごくまれに副作用が出る場合があります。
ごくまれに、むくみやめまい、抑うつ症状、肝機能障害や性機能低下などの症状が出現する場合があります。
該当するような症状が出た場合適切な処置をするため、必ず医師にご相談ください。また定期的に診察や検査を行いサポートするのでご安心ください。
医師のサポートなどが得られないフィナステリドの個人輸入は大変危険ですので、おすすめできません。

Q

AGA治療をすることで日常生活に支障がありますか?

A

特に日常生活に支障はありません。
AGA治療によって、特に日常生活に支障はありません。
しかしフィナステリド内服中の場合、フィナステリドを含んだ血液が妊娠・授乳中の方に輸血されると胎児に影響があるため、献血できません。
休薬してから最低半年あけてからであれば問題なく献血ができます。
また同じ理由で、お子様をお考えの場合も、半年以上は空けてからお考えください。

Q

フィナステリドと飲み合わせが悪い薬はありますか?

A

はい。一部の薬を併用することで、フィナステリドの作用が増減することがあります。
血圧降下剤や循環器系に作用する薬、血流をよくする薬、前立腺疾患薬などは、フィナステリドと併用することで作用が増減する場合があります。
これらの薬を服用している方は、必ず医師にご相談ください。

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。