MENU
MAIL

TEL

そばかすについて

そばかすはシミの一種ですが、一般的に「シミ」と呼ばれる老人性色素斑とは異なり、小さくて広範囲に広がっている特徴があります。

それでは、そばかすの特徴や治療方法について、ご説明いたします。

目次

そばかすの症状

そばかすは、スズメの卵の模様に似ていることから、雀卵斑とも呼ばれるシミの一種です。
鼻や頬にでき、1~4mm程の小さなシミが広範囲に散らばっているケースが多くあります。
小さい頃から女性に現れることが多く、紫外線が強くなる春から夏にかけては、他の季節に比べてそばかすの色が濃くなるという特徴を持っています。

そばかすの原因

そばかすの原因は、先天的なものと後天的なものに分けることができます。

先天的なそばかす

そばかすは、紫外線を浴びることで現れますが、遺伝による影響が大きいとされており、色白・地毛が茶色・日焼けをしても赤くなるだけなどの身体の色素が薄い方に、できることが多いです。

先天的なものは、幼少期から思春期に現れることが多く、年齢を重ねるとともに、消える場合もあります。日本人などの黄色人種より白人の方に、そばかすが多いのは、身体の色素が薄いという遺伝的な要因があるためです。

後天的なそばかす

紫外線を浴びることと、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・不適切なスキンケア・栄養不足などによる肌のターンオーバー(新陳代謝)の滞りが原因となります。

仕組みとしては、紫外線を受け、メラニン色素が生成され、さらに、肌のターンオーバーが正常に行われずに色素沈着が起こることで現れてきます。

後天的なものは、先天的なものと異なり、年齢とともに消えることはなく、肌のターンオーバー機能の低下などで、さらに濃く目立ちやすいそばかすになる可能性があります。

そばかすのセルフケア方法

先天的そばかすでも後天的そばかすでも、紫外線を浴びることでそばかすの症状は悪化してしまいます。

そのため、紫外線対策を行い、そばかすの根本の原因である紫外線を極力浴びないことが大切です。

また、ビタミンCには、メラニン抑制効果があるため、摂取することで、メラニンの増加を抑えることができます。

そして、肌のターンオーバーを正常化し、メラニン色素が生成されても、そばかすにさせないためのケアも有効です。

肌に優しい洗顔はもちろんですが、不規則な生活、睡眠不足、ストレス、栄養バランスの偏りなどに気を付け、健康な状態でいることが肌のターンオーバーを正常にし、そばかす対策となります。

そばかすの治療方法

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。