MENU
MAIL

TEL

老人性色素斑(日光性色素斑)について

シミといっても、様々な種類がありますが、老人性色素斑(日光性色素斑)とは、一般的に「シミ」と認識されているものに当たります。

それでは、老人性色素斑(日光性色素斑)の特徴や治療方法について、ご説明いたします。

目次

老人性色素斑(日光性色素斑)の症状

老人性色素斑(日光性色素斑)は、5~20mmの大きさで円形にできることが多く、滲んだようなシミでなく、肌との境界がはっきりしています。

20代でも現れる場合がありますが、早くて30代、多くの場合は40代に現れ始めるシミです。50代では、約8割と加齢とともに多くの方に現れます。

部位としては、顔、手の甲、腕、背中など、日光にさらされる部位にできます。放置をしていると、盛り上がってきて、老人性イボ・老人性疣贅とも呼ばれる脂漏性角化症になる場合もあります。

老人性色素斑(日光性色素斑)の原因

老人性色素斑の原因は、日光など紫外線を浴びたことによるメラニンの増加と肌のターンオーバー(新陳代謝)の滞りです。

紫外線によって肌はダメージを受けるため、そのダメージを防ぐようにメラニンを生成します。

メラニンは正常にターンオーバーが行われていれば、排出されるので、一時的に日焼けをしても、肌は元の状態に戻り、シミになることもありません。

しかし、紫外線を浴び続け、メラニンが過剰に増加したり、肌のターンオーバーが滞り、メラニンが排出されなくなると、メラニンが沈着し、老人性色素斑ができてしまう可能性があります。

老人性色素斑(日光性色素斑)の予防法

原因は、「メラニンの増加」と「肌のターンオーバーの滞り」であるため、それぞれに対する予防法があります。

メラニン増加に対する予防

紫外線対策

まず、紫外線を浴び過ぎないことが第一です。日焼け止めを忘れずに使用するなど、日頃からの紫外線ケアの積み重ねが、将来の老人性色素斑予防になります。 晴れの日は、多くの方が紫外線対策に気を配っていますが、曇りの日でも紫外線は放出されているため、曇りの日も対策が必要です。曇りだからといって対策を怠らないように気を付けましょう。

ビタミンCの摂取

また、ビタミンCを摂取し、メラニンの生成に作用することで、メラニン増加を抑えることができます。メラニンは、チロシンというアミノ酸が、チロシナーゼという酵素によって、ドーパ、ドーパキノンという化合物に変わり、酸化することで生成されます。ビタミンCには、このメラニンが生成される酸化反応を戻す(還元する)効果があるため、摂取することで、メラニン抑制が期待できます。

肌のターンオーバーの滞りに対する予防

規則正しい生活

ターンオーバーを滞らせず、正常化させるためには、規則正しい生活が大切です。ターンオーバーは身体本来の機能であるため、充分な睡眠をとる、バランスのとれた食生活にする、ストレスを溜めすぎないといった基本的な対策で正常化させることができます。

正しいスキンケア

洗顔のし過ぎ、過剰なピーリング(角質ケア)や洗顔不足など、不適切なスキンケアを行うことも、ターンオーバーの滞りにつながります。そのため、ご自身にとって適切なスキンケアを知り、実践することが予防となります。美容皮膚科などで医師による診察を行えば、ご自身に合ったスキンケアを知ることができます。

老人性色素斑(日光性色素斑)の治療方法

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。