MENU
MAIL

TEL

肝斑(かんぱん)について

肝斑(かんぱん)は左右対称に現れるぼんやりとしたシミのことで、一般的に「シミ」と呼ばれる老人性色素斑とは原因も治療法も異なるため、注意が必要です。

それでは、肝斑(かんぱん)の特徴や治療方法について、ご説明いたします。

目次

肝斑(かんぱん)の症状

肝斑(かんぱん)とは、肌との境界がはっきりせず、頬骨、目尻、口の周辺など広範囲に広がるシミで、左右対称に現れるという特徴を持っています。
目の下にできることが多いため、疲れた印象や、老けた印象を与えてしまうやっかいなシミです。

30~40歳代に現れることが多いのですが、年齢を重ねると、肝斑だけではなく、老人性色素斑など他のシミと併発している可能性もあります。

それぞれのシミに適した対処方法があり、肝斑に関しては、通常のレーザー治療では、症状を悪化させてしまう恐れもあるため、自己判断で対処を行うよりも、美容皮膚科などの医師に相談し、ご自身のシミがどんなシミであるのか把握することをおすすめします。

肝斑(かんぱん)の原因

肝斑の原因は、一般的なシミの主な原因である紫外線だけではありません。
妊娠やピルの服用を機に現れ始めるケースや、閉経とともに症状が軽くなる傾向があるため、大きな原因は女性ホルモンのバランスだと考えられています。
また、ストレスも肝斑の発症・悪化に関係があると考えられています。
さらに、洗顔やメイクなどの外的刺激も大きな誘因と言われています。

肝斑(かんぱん)の予防法

紫外線やストレスが肝斑が悪化する原因と考えられているため、日頃からできる予防法があります。

紫外線対策

直接的な原因にはならない紫外線も症状を悪化させると言われています。
肝斑もシミの一種のため、紫外線対策は必須です。

ストレスを溜めない

ストレスが原因となり、肝斑が現れ、できてしまったというストレスから症状が悪化してしまうという悪循環も確認されており、ストレスを溜めない生活を心掛けることも肝斑予防となります。

肌に負担をかけない

洗顔やメイクの際、過度にこすってしまうと肝斑ができやすくなってしまいます。洗顔の時は肌をこすらないよう優しく洗いましょう。
また、肝斑が気になってメイクで隠そうとすると、肌に負担がかかり、かえって肝斑を悪化させてしまいます。適度なメイクを心がけましょう。

肝斑(かんぱん)の治療方法

肝斑コース

こんな方におすすめ

  • 頬に左右対称のぼんやりとしたシミがある方。
  • 美白化粧品や市販薬を試したけれど、肝斑が改善しない方。

治療のおすすめポイント

肝斑は、他のシミのようなレーザー治療では悪化してしまう場合があります。

当クリニックでは、肝斑に効果的な光治療と美肌効果の高い治療、さらに処方薬を組み合わせることで、治療が難しいとされる肝斑をしっかりケアします。


治療の内容

※同日治療


処方薬

下記のいずれかを処方します。

  • 美白用内服薬(3種類)
  • 外用(ハイドロキノン配合クリーム+トレチノイン配合クリーム)

治療の料金

回数 料金(税込)
1回 101,000円
5回 通常料金505,000円が
454,500

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

完全予約制 カウンセリング予約はこちらから

診療時間
11:00~13:00/14:30~19:30(日曜は18:30まで)

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。